真っ直ぐにつづく将軍道(馬屋久保遺跡)

そこには真っ直ぐな道があった。どこへ行く道なのだろうか。そして、どこまでつづいているのだろうか。その道は栃木県那須烏山市と、さくら市の境界にある道であった。そしてこの道は「将軍道」と呼ばれているのである。平安時代の武将である八幡太郎源義家にちなんだ伝承があるという。

歳をとったせいか、緑以外に、何もない風景が妙にありがたく感じられる。何もない風景だからこそ、やすらぎの時間が流れていくような気がする。ここには現代的な人工物はほとんど見あたらない。経済成長を基準とした豊かさの尺度とは違う、何者かが語りかけているような、そんな気配が漂っているところなのだ。

遠い昔、今から1300年ほど前にこの道は、奈良の都から陸奥へと向かう主要幹線路であったという。古代駅路の七道のひとつである東山道がこの道であったというのだ。

将軍道は実際に発掘調査が行われていて、8世紀から10世紀に至る古代道路遺構が発見されている。東山道跡としての現実感が深まりつつある。発掘されたこの遺跡を「馬屋久保(または厩久保)遺跡と呼んでいる。

ここではさくら市の八方口から那須烏山市の上川井までの約6キロメートルにわたる推定東山道を歩いてみたいと思う。この間は行政境界線が直線的に走り、古道伝承の残る道がそこを通っている。まさに古代道路が通る典型的な地理条件が揃っているのだ。いざ「将軍道」、そこには何が待ち受けているのか。

 馬屋久保遺跡を歩く 1. 2. 3. 4. 5. 6.

馬屋久保遺跡の地図  古代の道について   HOME

参考文献

古代を考える 古代道路  木下良  吉川弘文館
古代の道路事情   木本雅康  吉川弘文館
完全踏査 古代の道  武部健一  吉川弘文館
日本の古代道路を探す  中村太一  平凡社新書
古代国家と道路  近江俊秀  青木書店
古代のみち ーたんけん!東山道駅路ー  群馬県立歴史博物館
月刊文化財No.499  長者ヶ平遺跡の調査  大橋康夫
月刊文化財No.499  馬屋久保遺跡の調査  木下実
那須の歴史と文化  栃木県立なす風土記の丘資料館
律令国家の展開 ー9世紀前後における下野国ー  栃木県立しもつけ風土記の丘資料館
あずまのやまのみち ー那須の防人、広成が通った道ー 栃木県立なす風土記の丘資料館
南那須町史  南那須町
杉村・磯岡・磯岡北  栃木県教育委員会 (財)栃木県文化振興事業団
東谷・中島地区遺跡郡3  栃木県教育委員会 (財)とちぎ生涯学習文化財団
古代交通研究第7号  古代伝路の復元と問題点 木本雅康  古代交通研究会
喜連川町史 第一巻 資料編 考古  喜連川町史編さん委員会編  喜連川町
那珂川と八溝の古代文化を歩く  八溝古代文化研究会編  随想舎