多摩丘陵の古道と硬化面……1 町田市野津田の丘の古道跡
多摩丘陵の古道と硬化面……2 野津田の華厳院坂堀割状遺構…1. 2. 3
多摩丘陵町田市小山田の代官坂 晩秋の七国山・落葉の絨毯
多摩丘陵・町田市小山田の古道地図

小野路町下堤の堀割道
町田市小野路町下堤に鎌倉街道と伝わる堀割道が今も残されています。全長で約200メートルほどが昔のままの姿で竹林の中を通っています。この道の北の高地には7方向から道が集まる三社大権現があり、更にその北側には古戦場伝承地も存在します。この道を研究者は軍事戦略鎌倉道と呼んでいます。この堀割道についてはあらためて後にホームページで紹介します。

七国山古道跡
この写真は北から南へ鶴見川の丸山橋を渡り野津田町と山崎町の境を七国峠へ向かう推定鎌倉街道上道本路です。大きな堀割道の路面は人・馬・車の通行量が多かったことを想像させるほどに大変硬く締まっています。

七国山古道跡
一方で、上の写真の古道の西側尾根上には地元の人達が鎌倉街道という別の堀割道が途中から本路と並行して通っています。こちらの道幅は本路の半分くらいですが堀割の形態がとても美しい道です。そしてこちらの堀割道の崩れた壁面には所々に硬化層に似た大変に硬い土を見ることができます。

七国山古道跡
この写真は上の写真で説明した硬化層に似た土を撮影したものです。硬化した土は苔が付きやすいようで、この苔の付いた土を指で押してみるとまるで石のように硬くなっています。この硬い土は壁面の中間より上部に見られ、この土が本物の硬化層だとした場合、かっての道路面は現在よりもかなり高い位置にあったものと思われます。現在の堀割道は後の時代に削られて出来たものなのかも知れません。

七国山古道跡
二本の古道が並行して通っている七国山の北側の尾根付近を注意深く観察してみると、更にその西側にはこの写真のような道跡と思われる窪地や段差が確認されます。この写真のところでは三本の道があったことが想定され本道とそれに並行する堀割道を含めると五本の道が並列していたことになります。また写真の場所よりも七国山の山頂寄りの現道の東側山斜面の一段高いところにも道が通っていることを今回確認することができました。このように道が何本も並行して通っていた跡が確認できる場所は鎌倉街道と古代道が重複するところでよく見られます。

多摩市唐木田と町田市小山田の境の鎌倉道
多摩市唐木田の大妻女子大と清掃工場から東京ガス整圧所付近まで、かっては尾根が続いていたといいます。古道研究者の説明によると、この間は現在の空中が古道ルートであったということです。その消滅してしまった古道の続きがごく一部だけ小山田のゴルフ場脇の道に残っています。この写真がその古道跡でこの道はここから北の京王堀ノ内駅付近を通り日野市の平山城方面への鎌倉道であったようです。

多摩市唐木田と町田市小山田の境の鎌倉道
この小山田のゴルフ場脇の鎌倉道跡には堀割の壁面に写真の硬化層を見ることができます。ここの硬化層は専門家が指摘していますので私のような素人が言う硬化層に似ているというものより確実性は高いと思います。苔が付いた土は指で押してみると大変硬いことがわかります。また自然堆積の土と違って練りこまれたような感じの土です。
町田市の小山田のゴルフ場内には奥州廃道と呼ばれる大変に古い道も通っていたようです。ゴルフ場内にはその奥州廃道の硬化層も見ることができます。

多摩丘陵の古道と硬化面……1 町田市野津田の丘の古道跡
多摩丘陵の古道と硬化面……2 野津田の華厳院坂堀割状遺構…1. 2. 3
多摩丘陵町田市小山田の代官坂 晩秋の七国山・落葉の絨毯
多摩丘陵・町田市小山田の古道地図

鎌倉街道上道(埼玉編)HOME