多摩丘陵の古道と硬化面……1 町田市野津田の丘の古道跡
多摩丘陵の古道と硬化面……2 野津田の華厳院坂掘割状遺構…1. 2. 3
多摩丘陵町田市小山田の代官坂 晩秋の七国山・落葉の絨毯
多摩丘陵・町田市小山田の古道地図

鎌倉裏街道(多摩よこやまの道一本杉公園)
多摩市南野の一本杉公園内には鎌倉裏街道と呼ばれる古道が約100メートルほど残されています。上の写真がその古道でご覧のとおり路面は石畳になっています。古道の東側(写真右側)は谷地で道脇には僅かな土塁状の高まりもみられます。大きな杉が二本あり以前は杉並木があったようです。古道の西側は山の斜面壁になっていて切通道の趣があります。この斜面壁の上部の崩れた部分に硬化層に似た地層が見られます。

鎌倉裏街道(多摩よこやまの道一本杉公園)
上の写真は崩れた斜面壁に見られる道路硬化層に似た地層です。これが本当に古道の硬化層かはわかりませんが、もしかりに硬化層であったとすれば現在の路面よりもかなり高い位置に古道があったことになります。

この古道は鎌倉街道上道に対しての裏道ということなのでしょうか。この道の北側の多摩市和田や百草には鎌倉時代の遊郭伝承や新田義興らの軍勢が笛を吹きながら行軍したという笛吹峠の伝承などもあります。また江戸時代には日野往還や小野路道ともいわれ、幕末の新選組の土方歳三や沖田総司らが小野路での出稽古に通った道でもあると伝えています。

妙桜寺南尾根(推定鎌倉街道上道本路)

多摩市南野と町田市小野路町の境で恵泉女学園大のすぐ東には妙桜寺という寺院があります。その寺院の駐車場脇から南側の尾根に上る道があり、その道は鎌倉街道上道であると推定されています。上の写真は駐車場脇から入ってしばらく進んだ辺りのもので、この付近の道路脇壁面を注意深く観察すると道路硬化層に似た地層が見られます。

妙桜寺南尾根(推定鎌倉街道上道本路)
上の写真は硬化層に似た地層を撮影したものです。練りこまれたように見える土は指で押してみると大変硬くなっています。いかにも踏み固められたような土なのです。ここから更に南に進んだ山林内には台風で崩れた崖面に相当な厚さの硬化層が発見されています。

町田市小野路町推定鎌倉街道硬化層面

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)

東京都多摩市と神奈川県川崎市の境界尾根上に自然歴史散策路として整備された「多摩よこやまの道」があります。上の写真は町田市小野路町別所と多摩市永山の境界付近にある古道五差路と呼ばれるところから北東に進んだ辺りを撮影したものです。写真の道が境界尾根上の「多摩よこやまの道」で、この尾根には古代東海道や軍事戦略鎌倉道が並列して通っていたと古道研究者の宮田太郎氏は語られています。

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)
境界尾根上の簡易舗装された「多摩よこやまの道」には、古道の痕跡を至る所に発見することができます。上の写真は切通壁に露出している古道の硬化層に似た土を撮影したものです。

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)
簡易舗装された尾根道には切通になっているところもあります。上の写真のような切通の両側壁は古道の痕跡を探す恰好の場所ではないかと思います。

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)
切通壁に苔が付いた黒い土が露出していました。この土を指で押してみると大変硬いものでした。これは古道の硬化層ではないかと想像してみます。そのようにいろいろと好奇心を持って古道を歩いているととても楽しいものです。

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)
古道の硬化層は硬く締まった土であることは言うまでもありませんが、土の堆積が不自然に波をうっていることや、土が練りこまれていること、乾燥した硬化層は規則的な割れ目が生じること(特に水平方向)、硬化層の最下層とローム層の境に鉄分を含んだ筋が見られること、など特徴があるのでそれらも観察してみます。古道伝承のある道にこの写真のような硬化した土層を確認したら、それはかっての道路面ではないかと疑ってみます。

追記
この写真は、道路遺構の硬化層では無いと専門家の方に指摘されました。しかし素人でありますから自由な発想ができ、古道探索を楽しめると考えています。ただホームページは誰が見ているかわかりませんので、間違いは素直に認めそれを報告する義務があると考えます。

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)

上の写真の左側藪の中には数本の並列する古道跡が見られるそうです。説明版によりますと「この古道跡が古代東海道か鎌倉街道に属する中世の道なのかは現在不明でありますが、並列する道路は荷車や人の通行量の多い時のすれ違いや、荷の運び方による道の使い分けなどの工夫であるかも知れない」と書かれています。

追記
写真付近の道脇藪内は立ち入り禁止になっています。土地所有者の方に迷惑が掛からないようご注意ください。

都県境尾根の並列古道(多摩よこやまの道)
上の写真は「多摩よこやまの道」の途中にある展望台付近の畑地です。畑地は都県境尾根に沿う形で長さは約100〜150メートル位で、幅は約20〜25メートル位の窪地状になっています。古道研修者の宮田太郎氏はこの窪地状の畑地が古代東海道跡の可能性があると指摘されておられます。確かに窪地の形態や規模は古代道の跡を思わせるものがあります。

多摩丘陵の古道と硬化面……1 町田市野津田の丘の古道跡
多摩丘陵の古道と硬化面……2 野津田の華厳院坂掘割状遺構…1. 2. 3
多摩丘陵町田市小山田の代官坂 晩秋の七国山・落葉の絨毯
多摩丘陵・町田市小山田の古道地図

鎌倉街道上道(埼玉編)HOME