多摩丘陵の古道と硬化面……1 町田市野津田の丘の古道跡
多摩丘陵の古道と硬化面……2 野津田の華厳院坂堀割状遺構…1. 2. 3
多摩丘陵町田市小山田の代官坂 晩秋の七国山・落葉の絨毯
多摩丘陵・町田市小山田の古道地図

晩秋の七国山・落葉の絨毯……1. 2. 3.

七国山の北麓から山頂へ向かう推定鎌倉街道上道本路
古道散策で一番良い季節は晩秋から初冬であります。その古道散策絶好の季節に町田市七国山の鎌倉街道跡を歩いてみました。上の写真は七国山北麓の鎌倉街道跡の入口付近です。道は一面の枯葉の絨毯となっていました。七国山の北側の古道跡の一帯は、クヌギやコナラ林になっていて、晩秋から初冬にかけては、ご覧のような景観になっていたのです。

七国山北麓の古道跡
最近、七国山の北麓では新しい宅地が造成されて、私が初めてこの七国山を訪れた5年前(平成13年)とは、その景観がずいぶんと変わってしまいました。その僅か5年の間に各地の鎌倉街道跡は次々と消えてゆくのでした。鎌倉街道の保全そのものが、それぞれの自治体にとっては経済的効果がないためにあまり積極的にはなれないもののようです。保全はかえって経済活動の妨げになり、鎌倉街道はやっかいものとさえ思われているようにも感じられます。

上の写真は鎌倉街道跡の散策路が山頂から下りてきた場合で、ここから散策路は左に折れるのですが、写真はそのまま直進する方向を撮影したものです。まぎれもない古道跡と思われる細長い平場が、その先にも直進で続いているのがわかります。

七国山北麓の古道跡
山頂からの散策路が左に折れるところから、数十メートル山頂方面へ進んで振り向いて見たのが上の写真です。古道跡の道は真っ直ぐに続いていますが、竹垣が道を塞いでいて、否応無しに通行者は左に折れて進むことになるのです。左に折れる道は通行人が、真っ直ぐ進入されると困るので設けられたものなのかも知れません。折れた道は鎌倉街道跡でないことは明白です。写真の散策路の路面の平場と、道の左側の土塁状の壁は、竹垣の中へも同じように続いているのです。

七国山の北麓に残る堀割状の道
上の写真は七国山山頂へ向かう古道跡の道です。この写真の付近から、道の東側(写真の左手)にも土塁状の堀割土手が残されています。この林の中の道は、武蔵府中から南の鎌倉までの鎌倉街道上道ルート上(現在も使用されている道)に唯一残された地表上に見られる道路遺構なのです。

七国山の北麓に残るV字形の堀割道
今更、私のような素人が語るまでもない、素晴らしい古道跡の道です。七国山の北側に残る古道跡の発掘調査例は聞いたことがないので、この道とその周辺の発掘は行われていないものと思われます。しかし、写真のようなV字形の堀割道そのものから、ここが古道遺構であることをうかがい知ることができるのです。このV字形(専門用語では薬研堀といいます)の堀割地形は、野津田上の原遺跡の調査で、地中から発見された道路遺構と大変によく似ているものです。

七国山の北麓に残るV字形の堀割道
こちらの写真は山頂方向ではなく、今歩いてきた方向を振り向いて撮影したものです。路面には落葉が厚く堆積しています。V字形の堀割底の道幅は2メートルぐらいです。ちょっと待って…、鎌倉街道の道幅は最近の研究では4〜6メートルぐらいじゃなかったのでしょうか。そうなんです。それならばここの道幅は狭すぎるように思いませんか。じゃあこの写真の道は鎌倉街道ではないのかといいますと、そんなことはありません。この道は推定ですが鎌倉街道上道の本路です。

七国山北麓の堀割道を土塁上から見る
上の写真は堀割道の土塁上に上がって撮影したものです。土塁上から見てみると堀割壁の幅は一定に整っていて、まるで城郭遺構の堀のようです。このようにして見てみると、この道が人工的なものであり、人馬の走行で削られたものでないことが想像できるのです。

さて、古道の道幅についてですが、古道の道幅はどのようにして決められているのかといいますと、それが決まった基準がないのです。そんな無責任な、と思われることでしょう。ホームページ作者の私もそう思っています。ですから発掘された道路遺構の報告書などには、底幅は何メートルで上幅は何メートルといったように表現されています。では、一般的にいう道幅とは何をもっていっているのかということを研究者の方に聞いてみると次ぎのようになるようです。(次ページへ)

晩秋の七国山・落葉の絨毯…… 次へ 1. 2. 3.

多摩丘陵の古道と硬化面……1 町田市野津田の丘の古道跡
多摩丘陵の古道と硬化面……2 野津田の華厳院坂堀割状遺構…1. 2. 3
多摩丘陵町田市小山田の代官坂 晩秋の七国山・落葉の絨毯
多摩丘陵・町田市小山田の古道地図

鎌倉街道上道(埼玉編)HOME