鎌倉街道上道 小川町伊勢根・能増の堀割状遺構  1. 2. 3. 4. 地図

 

 

鎌倉街道上道 
伊勢根・能増の堀割状遺構

埼玉県小川町伊勢根の推定鎌倉街道上道の堀割状遺構は、ホームページ作者である私が、鎌倉街道について、本格的に調べ始めるきっかけとなった場所です。初めてここを訪れたときのことを今でも鮮明に記憶しています。このページでは伊勢根・能増の堀割状遺構の多くの写真を載せ、更に鎌倉街道の全体像の特徴を紹介して行きたいと思います。左の写真は田圃の中の土壇状の農道が南北に真っ直ぐに延びていて、ご覧のとおりその道の傍らには「旧鎌倉街道跡」の標柱が立っています。

 

 

小川町の鎌倉街道跡は小川町指定史跡になっていて、またここは文化庁選定「歴史の道百選」にも指定されているところなのです。歴史古道の研究から見ると、この鎌倉街道跡は大変に貴重な道路遺構であるといえるのではないでしょうか。

鎌倉街道跡の標柱の矢印の示す方向へ進んで行くと、前方には左の写真のような台地上の山林が見られます。

 

  左の写真は鎌倉街道跡の標柱のところから、上の写真とは反対側の南側を撮影したものです。この南側の道の延長上の林の中にも鎌倉街道跡と伝承される天王原堀割状遺構があります。埼玉県教育委員会の『歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道』によると、上幅10メートル、下幅約6メートル、深さ約1.2メートルを測り、長さ約40メートルにわたり残っているとあります。現在、この堀割状遺構の傾斜地を上った南端部(町道と接するところ)には馬頭観音の石塔が建っています。

 

   左の写真は鎌倉街道跡の標柱から北へ進み土壇状の農道が台地縁部から西に折れ曲がる付近のものです。かりに土壇状の道を真っ直ぐ延ばすとそのまま林の中へ入っていってしまいます。しかし、林に入る付近からは掘り込まれた古い切通状の地形が確認でき、現在は「道」として使用されていませんが、かなり大きな人工的な掘り込みが見られるのです。この台地上に上る山林中には伊勢根の堀割状遺構があります。

 

   農道は西に折れ曲がって行きますが、伊勢根の堀割状遺構へ入るには、林の中へ進む細い道が切通し部の右脇にありますのでその細道を上って行きます。左の写真は細道を上りはじめて振り向いて撮影したものです。谷津の対岸遠方の林の中が天王原の堀割状遺構があるところです。天王原堀割状遺構から伊勢根堀割状遺構までは、現在ある土壇状の農道でスムーズに繋がりますので、この農道は古い道を再利用しているものと思われます。

 

   林の中へ進んで行くと切通状に掘り込まれた部分がその先へも続いていることがわかります。現在、人が歩ける細道は掘り込まれた窪地の右端(堀割状遺構の東側)を上っていて、この細道から伊勢根の堀割状遺構を観察することができます。左の写真は林の中へ入った辺りで堀割状遺構の南側部になります。写真の付近では堀割壁の東側が大きく崩れていて、その崩れた土の上に細道が通っているのです。

 

   左の写真は堀割状遺構の南端部の堀割底を撮影したものです。写真の付近から南側は堀割の幅が急に広くなっています。また、南端の幅が広くなっている更に南側は、もう一段底面が急に落ち込んでいて、その下部には瓦礫が堆積しています。現状からは、写真の堀割底から谷津までどのように道路面が造られていたのかを想像することは難しいようです。

 

   埼玉県教育委員会による鎌倉街道上道の歴史の道調査は、昭和56年から57年にかけて実施されています。この歴史の道調査によって、小川町の天王原・伊勢根・能増の堀割状遺構が確認されたもようです。それ以前の鎌倉街道上道の資料や案内書等には、小川町に鎌倉街道の遺構が残っていることは書かれていないのです。鎌倉街道の研究者で知られる芳賀善次郎氏は、ここの鎌倉街道伝承のある堀割状遺構をご存知であったのかどうかはわかりませんが、著書である『旧鎌倉街道探索の旅 上道編』には紹介されてはいません。

 

鎌倉街道上道 小川町伊勢根・能増   次へ  1. 2. 3. 4.  地図
参考:鎌倉街道上道(埼玉編) 小川・天王原 小川・伊勢根 小川・能増
 
戻る
鎌倉街道上道(埼玉編)HOME