古道

大宮大地の鎌倉街道羽根倉道

こちらの記事は2010年2月14日に「鎌倉街道上道(埼玉編)」の番外編へ掲載したものを移設しました。この記事は趣味として古道探索を楽しんでいるブログ作者の古道研究方法を記したものでもあります。資料の探し方や集めた資料の繋げ方、仮説の...
寺院と社

奈良新薬師寺旧境内大型基壇建物遺構

こちらの記事は2009年5月31日に「鎌倉街道上道(埼玉編)」の番外編へ掲載したものを移設しました。 平成20年秋、奈良市の奈良教育大学にて、校舎の改築に伴う埋蔵文化財調査で発見された大型基壇建物遺構の特別公開...
その他(一般)

母が永眠しました。

9月12日、母が永眠しました。 93歳でした。母の誕生日は9月29日でしたからもう少しで94歳だったのですが。 自分の親が亡くなる日はいつか来る、自分が先に逝かない限りは。父は34年前に亡くなっていて、その後...
その他(一般)

土手道を歩く

緊急事態宣言の連休に、新河岸川の土手道を歩きました。道の両側には菜の花が沢山咲いていました。その道には運動不足解消のためか、そこそこに人が歩いていました。お母さんと子供の親子連れも歩いていました。みんなマスクしています。私も...
いにしえに思う

川を渡る。(坂戸市島田の木橋)

こちらの記事は、ホームページ「鎌倉街道上道埼玉編」で、2008年8月に「きまぐれ 風のささやき…1」として掲載したものをブログに移転したものです。 古い街道を自転車に乗って走っていた。古い街道とはいっても、今ではどこに...
いにしえに思う

ひよどり坂

「サムライの古径」という竹林内の坂道を訪ねてみました。 千葉県佐倉市にあります。武家屋敷通りの西端からこの古径は始まります。長さ100メートル程度の、人が一人すれ違える程の狭い坂道です。ここでの写真は坂の下の東側入口からの順番で掲載し...
いにしえに思う

武士道と武家屋敷と

ブログ作者は、つい最近まで自分の住む川越市内に武家屋敷なるものがあることを知りませんでした。前回の記事「七曲り、八起き」でも少し触れた「永島家住宅」がそれですが、解説によれば川越市内だけにとどまらず、埼玉県内でも当時に近い状態で残る武家...
いにしえに思う

七曲り、八起き

川越市内に「七曲り」と呼ばれる古い町割りと道があります。 三久保町永島家住宅前にある解説版に次のように説明されています。 七曲がり 川越城下の武家地は、城の近くに上級武士、離れるに従って中・下級武士、街道筋には足軽...
いにしえに思う

教訓・責任なき戦い

大変に暑かった夏も終わり、速いもので10月になりました。これも異常気象の影響なのでしょうか、立て続けに台風が日本に上陸や接近をしています。 先月、「戦争と人間」という映画のDVDをみました。1970年代前半の作品で 五味川純平原作 山...
いにしえに思う

波乗弁財天像を訪ねました

古い道標を探しに関東各地を旅しています。古い道標は石仏に道標銘が刻まれていることが多くあります。古い道標の情報はネット検索で見つかることもありますが、しかしその多くは現地の図書館など郷土資料から探すことが殆どです。 石仏や道標をホーム...
タイトルとURLをコピーしました